消費者金融で50万円以上借りるための道

消費者金融でキャッシングをするときに、最初は50万円で申し込む人が多いんでは無いでしょうか。
消費者金融で50万円以上借りたい時、覚えておきたい知識をご紹介します。

 

消費者金融の審査は甘めなのか?

 

消費者金融の審査って甘いイメージがありますよね。銀行カードローンの審査は公表されていませんが、大体20?30パーセント前半以下しか審査に通らないと言われています。
他所からの借入が2件あった場合、既に銀行カードローンの審査に通過する望みは薄いとも言われており、審査通過は狭き門になっています。

 

しかしながら、消費者金融なら元々他所で借入がある人しか申し込みませんから、借入がある人でも審査に通過する可能性は極めて高いと言えます。
ちなみに、大手消費者金融の審査通過率は40パーセント台と、銀行カードローンより顧客層は悪いにも関わらず、銀行カードローンより審査通過率が高くなっています。

 

消費者金融は総量規制の対象です

 

銀行カードローンは銀行法が適用されますが、消費者金融は貸金業法が適用されます。
同じお金を借りる行為なのですが、相手の業態が違うだけでルールも違ってきます。消費者金融には貸金業法の中の総量規制が適用される為、総量規制の対象になってしまいます。

 

そもそも総量規制とは何か?

 

総量規制とは、貸金業法の中の過剰貸付の抑制とされる項目で、年収の3分の1以上の貸付を貸金業者に禁じる規制の事を言います。
年収300万円の人は、消費者金融などの貸金業者からは100万円しか融資を受ける事ができません。

 

銀行カードローンで既に大きく借金してる人も、借金ゼロの人も総量規制で借りれる金額は年収の3分の1迄ですから、ちょっと不公平感が大きいですね。

 

総量規制には例外が認められており、専業主婦の人は夫の年収と合わせて3分の1まで借りれるのですが、大手消費者金融はトラブルと手間を嫌がり専業主婦の方への貸付を現在行っていません。

 

50万円以上借りる為には収入証明書を提出しよう

 

50万円以上借りる場合に、年収を証明する書類を徴求するようにと貸金業法ガイドラインで定められています。
その為、1社で50万円を超える、または他社と合わせて100万円を超える金額を借りたいときには収入証明書が必要になります。

 

これは年収300万円の人であっても、年収1000万円の人であっても必要になります。
勤務先からもらう源泉徴収票は捨てないで大切に保管しておき、業者から収入証明書を求められたら迅速に出せるようにしておくと良いでしょう。