知らなきゃ損をする無利息サービスの落とし穴

消費者金融は即日融資に対応しているので申し込んだ日にお金を借りる事が出来ますが、金利が高く設定されているので加算される利息が多くなるので初めて利用する人は無利息サービスで対応しています。そこで無利息サービスについて見ていく事にしましょう。

 

無利息サービスとはいかなるものか?

 

無利息サービスを提供しているのは消費者金融の中ではアコムとプロミスが挙げられます。両社とも最初の30日間が無利息期間となり期間中は無利息でお金を借りる事が出来るというサービスです。

 

アコムもプロミスも初めて利用する人が対象となっているので消費者金融の中で初めて利用する人がおすすめの業者としてもアコムとプロミスが挙げられます。

 

アコムとプロミスは共に30日間の無利息期間を設けていますが、適用される時期など異なる点があります。利用方法によって適用時期が不都合になってしまう事もあるのでアコムとプロミスの無利息サービスについて詳しく見ていく事にしましょう。

 

アコムは契約日が基準

 

アコムの無利息サービスは30日間になっていますが、適用される時期が契約日の翌日からになっている事をしっかり把握しておく必要があります。アコムでキャッシングの申込手続きをして契約が完了したら翌日から無利息サービスの適用が開始となります。

 

即日融資を受ける場合なら特に問題ありませんが、少し時間を置いてから借り入れるという場合は無利息期間が減ってしまいます。借り入れをするかしないかは関係なく無利息サービスが適用されるのでアコムの無利息サービスを利用する時はすぐにお金を借りるようにしましょう。

 

またアコムの無利息サービスを利用するには返済期日を35日ごとに設定するというのも条件となっています。返済期日を35日ごと以外で設定してしまうと無利息サービスが適用されないので注意しましょう。

 

プロミスは借入日が基準

 

プロミスの無利息サービスもアコムと同じように30日間になっていますが、適用される時期がアコムと違って借入日の翌日からになっています。
プロミスはアコムのように契約日の翌日から無利息サービスが適用されないので慌ててお金を借りる必要がありません。
ゆとりを持ってお金を借りたいという人は借入日の翌日から無利息サービスが適用となるプロミスを利用した方がいいでしょう。

 

しかしプロミスの無利息サービスを利用する時も条件が2つほどあります。1つ目は申し込みをする時をメールアドレスを登録する事でもう1つはWeb明細を選択する事です。
メールアドレスの登録とWeb明細を選択する事を忘れてしまうと無利息サービスが適用されないので注意しましょう。