無利息期間内の一括返済後のカードローンの行方

急な出費などの為に融資を受けたけものの、無利息期間を上手に活用できただけでなく借り入れを一括返済できた場合のカードローンの行方を考えたことってあるでしょうか。
恐らくほとんどのユーザーが利用後のカードローンのあり方についてまでは考えずに申し込みをし利用をしているのではないでしょうか。

 

もちろん全てのユーザーが安易にカードローンに申し込みをしている訳ではないと思いますが、カードローンに申し込みをした時点で信用情報には申し込み履歴が残りますので、無利息期間を終えた後のカードローンの行方について考えてみたいと思います。

 

解約しないと契約は継続される

 

当たり前のことではあるのですが、意外と認知されていないのがカードローンの契約についてではないでしょうか。
緊急に用立てしたい金額をカードローンの申し込みによって用意できただけでなく、無利息期間中に一括返済をできたとなると無利息で融資を受け返済まで終えられたことになります。

 

ですが契約自体が終了するのかというとそうではありません。いつでも利用が出来る状態で契約は継続します。
申し込み時に設定された利用限度額内で繰り返し利用できるのです。契約を解除しない限り、カードローンの利用枠を持った状態として信用情報にも履歴が残ります。

 

住宅ローン契約との関係性はあるのか?

 

信用情報に履歴が残ると言うことは、クレジットカードや金融に関するデータに利用している枠として残ると言うことでもあるのです。
新たにクレジットカードの申し込みをするような場合などにメリットにもデメリットにもなる訳です。

 

信用情報のクレジットヒストリーとしてはプラスなのですが、新たな金融商品に申し込みをするような時には、利用枠があることでデメリットになる可能性もあったりします。

 

例えば住宅ローンを組みたい時などにはカードローンの申し込み履歴はデメリットとしてとらえられる傾向にあります。
わずかな利用限度額であっても住宅ローンの申し込みにはマイナスとして判断されてしまいます。

 

無利息残高と解約について

 

無利息期間を上手に活用して一括返済をしたとしても、信用情報には申し込み履歴も利用履歴も残ります。
また、一括返済をしても業者によっては千円未満の残高を無利息残高として残してしまう場合があります。
これは、コンビニや一部のATMから返済するときに千円未満の端数が入金できないために起こる現象です。

 

利息や手数料はかからないので気にしない人もいるかもしれませんが、契約自体が解除されたわけではないで信用情報では利用枠がある状態になっています。
住宅ローンなど目的のはっきりしたローンでは、審査の段階で信用情報は必ず閲覧されます。
借り入れの利用枠は、実際の借り入れ残高がゼロであろうが残っていようが、同じ利用枠として判断されるのです。

 

ですので住宅ローン等、新たな金融商品に申し込みをする時には利用枠自体を解約しておくと言うのもスタンダードだったりします。
その時その時でどの金融商品を優先的に考えるかが重要になってきますし、優先度によっては解約しておいた方がよいものもあると言うことです。

 

契約続行もアリ〜今後の活用を見据えた選択を!

 

カードローンは上手に活用すればお金にまつわる負担を軽減してくれます。
返済が終わったからといって、せっかく審査に通過したカードローンを自ら解約するのも、もったいないことではありますよね。

 

いつまた急な出費がくるかもしれません。そんな時のために契約を継続したままにしておくのも一つの手です。
カードローンは、自分の収入と返済できる金額をしっかり把握したうえで無利息期間などのサービスを使って賢く利用したいものです。